日記
だいあり〜

-

ゲームの日記へ

ケータイカメラ写真館

11月/霜月

November//2020/day

 

November/08-2/2020/Sunday
この土日の「客先常駐」というお仕事は、基本的に何も起こらなければヒマ。
まぁつまりヒマってことは平和ということなので、すばらしいことなんだけど。
日記も書きすぎて(笑)ネタがもうマジで無い。

やろうと思ってたのに結局やってないゲーム多いなー。
記憶にある中では、まずキングダムハーツ3。
キングダムハーツシリーズにおけるそれ以外の作品はほぼすべてプレイまたは鑑賞し、
あとは3の発売を待つだけ、という状態だったのに、
結局発売されても手を出していない。
直接的な理由は覚えていない。
その後出たはずのゼノブレイドDEと2はプレイしたってことは、
そっちの興味以下だったってことか。
次は、創の軌跡。
閃の軌跡はとても良かったので、その続きである創の軌跡もやる気だったのに、
これも何故か手を出してない。
一応動機の1つに「ゼノブレイドまだ途中だし」があると思う(そして結局それも途中のまま飽きたw)。
その次は、3Dマリオの詰め合わせのヤツ。
これもかなり乗り気だったのに結局買ってないな。
何でだろ。
どれについても、スマホのゲームに忙しいってのは動機の1つとしてありそうだ。
グラブル、ウォークで忙しいところにオクトラも始めちゃったしな。
何なら今はフレとDQ10のレベル上げを再開させてしまった。
これは大きい。

宿泊してるホテルについて。
仕事場の真横にあるため休憩時間に部屋に戻ることができ、非常に立地条件が良い。
ここまで現場が近いホテルはここ15年の間一度もなかった。
ただ、エレベーターの仕様に難アリだな。
ホテルの入り口が1Fにあり、フロントが2Fにある。
そのためなのか、必ず2Fに一度止まる。
2泊だし、1日2回の休憩時間に一旦部屋まで戻るという行動をしているため、
2Fはスルーしたいケースが多いのに必ず止まる。
止まると正面にはフロントカウンターなので従業員に挨拶されたりする。
でも用事が無いからそのまま扉を閉じる的な。
1Fではエレベーターの「後ろの扉」が開くので、
外出の際そちらの方向を向いて立っていると、2Fで勝手に止まって背後の扉が開く的な。
まぁここまで書いてきて思うけど、
俺のように何度も部屋を出入りするケースの方が珍しいか。
それよりも、2Fでチェックイン・チェックアウトをしなければならない客が、
2Fをスルーしてしまうケースの方が、避けたい部類か。

このホテルのテレビには、有料チャンネルをスイカなどで支払えるリーダーが付いているっぽい。
部屋の外で有料のカード?を買わなくても(一度も買ったことがないけど)、
部屋の中だけで完結するようだ。
このシステムの方が売り上げが伸びる気がする。
ただ、もし「必要」な気分になったとしても、
WiFi完備な時点でタダでいくらでも「そのため」に使えるコンテンツを入手可能なので、
有料チャンネルにお金払うことは無いと思う。
そういう意味では、このシステムの売り上げって存在すんのかなとすら思う。
あ、違うわw
有料チャンネルには、お笑いとか映画とか、アダルト以外のコンテンツもあったわw
そういうのを求めている場合、WiFiがあったところでアダルトよりは手に入りにくいな。
以前一度だけ、「出張する日を間違える」という失態を犯したことがあり(俺のせいじゃないけどな!)、
この時は1日ヒマになった。
こういう時だとひたすらホテルの部屋で映画とか見て過ごせるといいかもしんないな。

公演の冒頭で俳優の一人によるアナウンスが流れる。
「常時マスクつけてね」とかそういう。
ちょっと芝居がかったアナウンスだったこともあり、それが終わると、観客による軽い拍手が起こる。
今5回目だけど、毎回必ず拍手が起きる。
俺が観客でも拍手したかもしれない。
しかし、こちとら5回も聞いてるので当然それが「録音した音声の再生」であることはわかる。
(1回しか観ない観客も、そんなことわかってるかもしれない。今回が映像作品であるという時点で)
つまり、その拍手を送る相手がいないわけなので、なんか微妙な気持ち。
今回の公演は最初から最後まで映像作品なので生の俳優はいないけど、終演時にも拍手が起こる。
これと同じか。
と思ったんだけど、
よく考えたら、普通映画館で映画を見た後、最後に拍手する人いないよね(たぶん)。
つまりは、これを観に来る観客(ファン)の質というか種類かしら。
確かにここは映画館ではなく劇場であるという違いはあるけど。
なんか不思議。
否、拍手してるのは一部っぽいな。
例えば生の俳優が演技する「舞台」であれば、最後にはもっと大きな拍手が巻き起こる。
たぶん拍手しない観客はいないだろう。
今回はそこまでではないところを見るに、
「このジャンルのファンは映像作品にも拍手を送るものです」ではなく
「こういう映像作品でも感謝を込めて拍手を送る『人もいる』」ってことか。

今回の本番立会いは、
ウチの製品が不具合を起こしたことによるもの。
発生後、お客様側の社長へ謝罪に向かった所長の話では、
「相手(社長)も大人なので罵詈雑言を吐かれるといったことは無かったが、とてもお怒りでした」
とのこと。
お怒りご尤も。
ただ、「大人なので罵詈雑言を吐かれることはなかった」というのが、ある意味目からうろこだった。
怒るのは当然、怒鳴られても仕方の無いことをしている、と思っていた。
しかしそれでも、紳士的に応対してくれるお客様がたくさん存在していることも知っている。
(そういうお客様に対しては、より申し訳ない気持ちになる)
そういうお客様と接すると、とても人間のできた人だなあと思っていたけど、
アレ、もしかして、
「大人なので」を考えると、
あくまでもどちらかというと、怒鳴り散らすお客様の方が、ちょっとアレなのかな。
とふと思ってしまったのだが、
コレはよくない傾向な気がする。
「お怒りご尤も。怒鳴られても仕方の無いことをしている」
と認識しておく方が絶対イイ。
「申し訳ないけどさ、そこまで怒鳴らなくてもよくね?」とか考え出すようになったら人としてヤバい。

対して、社内の対応には問題があると思う。
何で不具合発生後に現場で本番の立会いを行う社員が「技術」の人間なんだよ?と。
技術の人間が今やらなければならないことは、不具合の対策・改善だろう?
客先で突っ立ってることで状況が改善するわけがないだろう?
確かに不具合を出した責任はあるだろうけど、責任の取り方って、そうじゃないだろう?
再度不具合が発生した際、
技術の人間の「技術力をもってしてその場を乗り切る」という意図があるなら別だが、
そんなことはない。
お客様もプロなので、不測の事態が発生した際の乗り切り方は熟知している。
というか不測の事態が発生した際に乗り切れるのはお客様しかいない。
となると、実質我々が本番立会いを行う意味は無い。
(だから現場のスタッフ自身から「立ち会ってください」といわれるケースはあまり無い)
それでも何もしないわけにいかないから会社としては「立ち合わせてください」と申し出る。
だが、そこに立ち会う人間は技術の人間である必要は無い。
むしろ、問題解決を目的としているなら、技術の人間であってはならないのではないか?
そりゃ、誰だって本番立会いなんかやりたくない。
営業所の人間からすると「俺が作ったんじゃないのに」という気持ちもわからんではない。
でもそれが仕事でしょう?
営業所の人間がお客様との窓口でしょう?

ただ、ここに人員の数という物理的な問題がでてくる。
営業所の人間を立会いで一週間拘束したら他の現場が回らないという事実もある。
1個の物件を複数の人間で対応しているケースは無いので、
別の社員に進めてもらうわけにもいかない。
回らないので遅らせてもらう、がどの程度現実的なのかはまったくわからないが、
工事案件として他社との調整も必要だろうから、難しいとは思う。
現に、この土日他の営業所員は休んでるんじゃなく、別の現場に仕事に行っている。
だが、
もちろん東京の技術の社員がヒマなわけではない。
何より「俺らが今ここにいて、その間誰が問題解決をするんだよ?」てこと。

だから思うのは、
「管理職」が現場行けばいんじゃね?
一番余裕がありそうな気がするんだけど。
管理職には管理職の仕事がある、ていう事実はこの際どうでもいい。
そんなん俺らも俺らの仕事があるのだから。
前述の通り、他の営業所員はこの土日現場に出ているけど、営業所長は休んでるだろう。
その点を指して「ヒマだろアンタは」と言うつもりもない。
そうじゃなくて「今のトラブルを解決すること」において、管理職は力を発揮できないでしょうから。
「俺が現場で立ち会うから、お前ら技術は少しでも検証を長く続けてくれ」
とか言えないのかと!
嫌なのはわかるし、発端はこちらにあるとは思うから申し訳ないとは思うけど、
ガキじゃないんだから「俺は嫌だから技術が行け(とは口には出さないだろうが)」は無いだろ。
目的は何よ?
お客様にこれ以上迷惑をかけないことでしょう?
技術が今ここにいることでその目的に向かって前進してる?
確かにお客様の社長に謝りに行ったのは管理職でしょう。
それには多大なる心労が伴ったでしょうとも。
でも、ソレが貴方の仕事でしょう?
俺らは対策をするのが仕事のはずなんだけど。
俺らに仕事させなよ。
俺らを正しく使いなよ。

俺の担当である2日間における公演はあと1回。
がんばれうちの製品!
いや明日は別の社員に引き継ぐし、その後も公演は続くのだから、
あと1回OKならどうなってもいいとかいうわけじゃない。
そんなの当たり前だ。
だとしても、あと1回だ頑張ってくれ!という思いはある。
ただ、なんかあと1回である今回、眠気を感じるw
通算6回目だからなのか、あと1回だからなのかわからんが、俺の緊張感が薄れている気がする。
疲れもあろうけど。
寝たらどこぞの30歳と同じだ、それはだけはイカン。
つか「ここ何て言ってるかわかんないな」というシーンは6回観てもわからんなw

明日はやはりさっさと帰ろうと思う。
やっぱりDQウォークのお土産回収は無意味だわ。
9時頃なら一般の通勤時間帯から外れている気がしないでもないし。
朝飯どうしようかな。
仕事で宿泊した場合朝飯は、
ホテルに付いてる食事かまたはコンビニのおにぎり程度で済ましているのだが、
今回はなんかそれなりのもの食べてもいいなぁ。
新幹線の一時間前くらいに駅についてメシ食って乗る感じでいこう。
友人に話したら「まるや本店のひつまぶし」を提案された。
価格を見たら3000円超えだったのでやめました。
たっけぇ…。
「こだわりぬいた」とか説明が書かれていたけど、
こだわりぬいた結果庶民が手を出せないならこだわりは失敗だったのでは?とか言いたくなる。

 

November/08/2020/Sunday
昨日営業所の人と食事したときの話。
去年くらいの2年の間にウチの部署の中堅が4人辞めたことについて、
 「A主任のツメの垢でも煎じて飲んで、メンタルの強さを見習って欲しいものだ」
て言ってた。
Aさんは何言われてもへこたれないイメージがある模様。
まぁね、そういう面は確かにあるかもしれないけどね、
ダメなんよ、彼のツメの垢じゃ。
彼ね、打たれ強すぎて。
普通一度怒られたら「次は怒られないようにしよう」と思って対策するもんだと思うんだけど、
彼、打たれ強すぎて「次怒られないための対策」をしないの
その結果何度も同じこと課長に指摘されたりしてすっごい信頼度低いの。
そんなヤツになってほしくはありません。
尤も、辞めた任は別に打たれ弱いから辞めたわけじゃないと思うし。
少なくとも2名は、打たれるような業務をしてた気がしない。
それが、
俺が「お前が辞めんの?俺より先に?」て思う理由(以前書きましたが)。

今見てる滝沢歌舞伎の寸劇のストーリーがよくわかんねぇ。
 ・江戸のヒーローだった義賊ねずみ小僧が死んだ。
 ・幕府の許可を得て2代目義賊の募集が始まる(意味不明)。
 ・岡っ引きに「ねずみ小僧を継げ」と周囲が言う。
 ・岡っ引き、継ぐw
何だコレ。
何で取り締まる側の岡っ引きに泥棒を継げって言うのw
そして何でコイツ本当に継いじゃうのw

名古屋での仕事は今日までだが、
終わる時刻から考えて今日は帰れないので、今日もホテルに泊まって、月曜の朝帰る。
土日出勤したわけだし、更に月曜は元々有給休暇を取得しているので、
こういう場合、名古屋観光をした上で帰る、なんていう人が多いかもしれない。
俺はそういうキャラではないので一刻も早く帰りたいところだが、
(休日は家でゴロゴロしたい!早く帰らないとその時間がどんどん減る!)
仮にも名古屋の平日の朝だもの、
9時頃の新幹線に乗ろうとしたら、そこまでの電車は恐ろしい通勤ラッシュになるのでは?
そんなのに揉まれたくない。
都心の駅とか「え、最後尾どこ?」くらい並んでたりするし。
始発の時間帯ならすいているだろうけど、そんな早く起きるのも疲れるし。
じゃあゆっくり帰るか、と思いはするけど、
どんな要素で時間をつぶせばいいのか。
(ホテルでごろごろしててもいいけど)
そこで!
DQウォークの名古屋のランドマーク「名古屋城」に行ってお土産をもらってこようかなと!
…思ったんだけど。
それもなぁ(笑)。
まずホテルからの距離だが、徒歩35分前後。
折り返すことも考えると小一時間歩くことになり近いとは思えないが、
「休日であり時間がある」「滅多に回収できないDQウォークのランドマーク」であることを考えると、
破格の近さだと言えるだろう。
ただ…。
帰り道の分も含めて1時間くらい歩いてまで、
「DQウォークのゲーム内お土産」をもらって帰ることに意味があるか、
という点がめっちゃ引っかかるw
無いよな、意味。
意味っていうか、メリット。
ゲーム内アイテムの収集てのは、つまりは収集欲を満たす趣味だけど、
DQウォークのお土産については、とにかく「全部集まるわけがない」ので集める意味が薄い。
言い換えると収集欲を満たせない。
過去プレイしたポケモンシリーズでは(裏技も使って)全種類のポケモンを集めた。
リストが埋まるのは楽しい。
DQジョーカー2?3?あたりは、
地域限定モンスターとかが存在して実質コンプが不可能だったから手をつけなかった。
リストを埋めることが実質不可能だと萎える。
例えば、
「全100種存在します。でも実質収集可能なのは10種です」ていう状況で、
たまたま条件が揃ったから「11種目を集められるよ」てなったところで、やる気が出るか?ていう。
99種集めたところで、最後の1種が手に入るってんなら超興奮するだろうけど…。
以前なら、出張の折(たまたま)手に入ったお土産は彼女に献上してましたから、
地方のお土産を手に入れて彼女に渡すという動機もあったんだけど、それも無くなったし。

もう1個懸念として、
35分歩いて近くまで行けばお土産本当にもらえるかな?ていう点。
名古屋城は拝観料500円らしい。
正直名古屋城自体に興味は無いので、拝観料を払ってまで入る気は無い。
しかし城って、通常広大な土地の中に建っているわけで、
城自体に近づくには広大な土地の入り口で拝観料を払う必要があるだろう。
小田原城も、マップ上で見ると森アイコンが敷き詰められた中にポツンと建ってたし。
その「名古屋城の土地の入り口」の時点でDQウォークのお土産をもらえるだろうか。
35分歩いて「(中に入らないと)手に入りませんでした」は嫌だなぁ。
目的はあくまでも名古屋城観光ではなくウォークのお土産なのだから。

 

November/07-2/2020/Saturday
チャンバラ、つまり殺陣のシーンを見てたんだけど、
よく考えたらこれめっちゃ危険だな。
園児の頃暴れん坊将軍を見てたから、
殺陣を目にして実に30年以上経過してるけど、よく考えるとすんごい危険だと気づいたw
刃が当たったところで斬れはしないんだろうけど、とにかく細く尖っている。
それをかなりのスピードで振り回す。
こんなん目でもかすろうものなら失明するでしょ。
1対1なら気をつければなんとかなりそうだけど、
だいたいこういうのって1対1ではないから、気をつけるにも限界があるんじゃないかとすら思う。
まさか目に当たっても怪我しないくらい軽くやわらかい素材ってことはないよね?
今までは、
「どうせ斬れないし、いかに主人公を引き立ててやられるかを見せるシーン」とだけ思っていたけど、
やってる人たち「当たったら(目が)死ぬ!」くらい、めっちゃ真剣にやってんだろうな、
と今更ながら思いました。

昼は近くの天丼屋で「かき揚げ丼」を食べた。
営業所の人と話しながらとにかくかき込んだ感じ。
もちろんまずくは無いが、特別おいしいものでもなかったな。
残ったご飯にタレ染み込みすぎてたし。
食べ終わって小一時間経過してから気づいた。
アレ?あのかき揚げホタテ入ってたか?
「海老天丼」と「かき揚げ丼」で少し悩んで、ホタテも海老もあるかき揚げ丼を選択したのに。
サツマイモやたまねぎはだいぶ主張してたので印象に残っている。
海老も申し訳程度に入っていた。
(俺の好きな「みっしり系」ではなく、よくあるプリップリ系のエビ)
でもホタテあったか?
無くても気が付かないというか、無いことに気が付かないというか、
とりあえずかき込もう、食べ終えようっていうのが優先されてて、
やっぱりそんなにおいしい天丼じゃなかったのかも。

ふと。
「舞台」ってさ、豪華だよね。
宝塚とか歌舞伎とか。
毎回人間が演じてる。
演者だけじゃない。
照明スタッフ音響スタッフ舞台機構スタッフ等が総動員して、毎回作品を作り上げている。
対して映画って、たくさんのスタッフで作り上げる点は同じだけど、
作り上げた作品を撮影しているから、提供する際は「流す」だけ。
「だけ」て、別に映画をバカにしてるわけじゃないんだけど、
コストパフォーマンスの差がすごくね?ていう話。
見る側における「舞台」のメリットは、生の演者による演技を見ることができる点だろう。
もしかしたら失敗することがあるかもしれないが、
それの挽回やアドリブなんかも、客としてはメリットの1つとして感じているかもしれない。
では、見せる側・提供する側における「舞台」のメリットって何だろう。
提供する側における「映画」のメリットは、
失敗しても撮りなおせばいいとか、編集が可能だとか、完成さえすれば何度でも流せるとか思いつく。
最高のパフォーマンスを発揮した1回があればいいのもメリットだろう。
対して、
提供する側における「舞台」のメリットは何だ?
毎回人件費かかるし、役者のミスや機材の故障で失敗するかもしれないし、
毎回最高のパフォーマンスを提供しなければならない。
メリットがまったく思いつかない。
メリットは無くて、一方的なサービスかしら。
毎回生の演技・演者を間近で見れるっていう「豪華さの提供」かしら。
だから映画より費用が高いのかしら。

出張にあたり、
今回は作業は無いはずなので、パソコンは基本的に不要。
でも何かあったら最低限のことはしたいし、
っていうか、こうして暇つぶしに使えるからっていう理由で、
私物のノートPCを持参した。
しかしUSB-LAN変換ケーブルを忘れた。
これじゃホテルでネットに繋ぐことができない。
USB-LAN変換ケーブルくらい、フロントで借りられるかもな、
とか思ってたんだけど、
いやそもそも部屋で使えるネットって、フツーWiFiじゃね?と気づいたw
有線LANも確かに来ているとは思うけど、この時代だものWiFiはより標準じゃね?w

チェックインしました。
案の定領収書には「GoToキャンペーンクーポンを適用した結果この額になった」とあった。
ハイやっぱり気にする必要なかったー。
それはそれとして、別途地域共有クーポンという券を3000円分もらった。
ナニコレ超ありがたい。
使える店が決まっているようで、期限も1日と短いけど(今回2泊なので2日)、
その間の食事代として非常に助かる。

ホテルにもらった「地域共通クーポン」を使った。
使える店舗を調べたところ、近くのコンビニも対象だった。
食欲があんまり無いので夕飯と明日の朝食をここで購入。
1枚のクーポン1000円で余裕で足りた。
いいなこれ。
お釣りはでない仕様なので、可能な限り1000円に近い合計金額になるよう買えばよかったか。
歯ブラシとか、なんか都合をつけられたかもしれない。
ドラッグストアなんかでも使えるようなので、残り2000円分の買い物をして帰るのがいいな。
営業所の人と会う機会があればあげちゃうんだけど。

 

November/07/2020/Saturday
妹に第二子が生まれました。
夜のうちに生まれたようで、朝起きたら家族のグループLINEに動画入ってた。
赤ちゃんしわくちゃだw
家族がそれぞれいろんな発言をしてた。
俺は「お疲れ様」と一言入れました。
まずそう思ったので。
入れた後、
ああ、こういうのも元カノは「おめでとう」とかいえないの?とか思うんだろうなぁ、
と思いました。
もし俺が旦那だったら、出産した嫁に「お疲れ様」しか言わないとはさすがに思えないけど、
旦那じゃなくて兄だもの、十分じゃね。

たぶん第一子の時も似たようなこと書いたと思うけど、
すげーなー、命がまた1個生まれたよ。
生み出した妹夫婦は立派だなぁ。
それをサポートした病院スタッフも立派だなぁ。
病院スタッフは今だけがんばればいいけど、
妹夫婦はこれから最低でも20年は責任を持って育てていくんだよな。
すげーなー。

 

November/06/2020/Friday
彼女と別れてから食欲の減退を感じる。
普段夕飯を食べていたであろう20時前後の帰宅時、
食べられないことはないけど、別に食べなくてもいいやって感じ。
まぁわからんでもない。
あんだけ一方的に負の感情をぶつけられたのだから精神的ダメージを受けていて当然。
そこに「どちらが正しい(と思う)か」なんて概念は存在しない。
自分が間違っていると感じたからダメージを受けているのではない。
相手の理不尽さは十分感じたけど、それはダメージを受けない理由にならない。
「ダメージ受ける必要は無い」のは間違いないんだけど。
 A「緊張しなくていいんだよ?
 B「したくて緊張してるわけじゃねーよ。そう言われても緊張は消えねーよ」
と似てますね。
つか、
わりと深刻だな、食欲の減退って。
別にどこかから栄養を補給できているわけじゃないのに食べる気がしないって、
フツーに死に向かってるw
まぁ内容が内容なだけに、そのうち食欲減退なんて風化するとは思っているので、
(ここで初めて「どちらが正しい(と思う)か」が生きてくると思う。復旧にかかる時間において)、
心配とかは無いけど。

トラブル対応の一環で、みんなで対策の準備をしていた。
とりあえず考えうる対策をやり終えて、後は現場に発送するだけ、
というタイミングで、現地の営業所の所長より心無いメールが来ていたらしい。
主任が憤慨して課長に訴えにきたら、
既にそれを読んでいた課長が所長に苦情を申し立ててました。
やるじゃん課長。
この主任と課長はしょっちゅう衝突してるけど、
この時ばかりは主任も課長を見直したんじゃないかな。
二人でその件において意気投合してました。
(でも俺の目の前でやらないでくれる?俺、仕事してんの)

幸い俺は課長でも主任でもないので他部署と戦う必要は無いんだけど、
俺がそういう立場になっても、ちゃんとそういう苦情を申し立てることができるかどうか。
…まぁなんやかんや、やるのかなw
若手に指示出すのが苦痛、派遣社員さんに仕事を依頼するのが苦痛、
とか思っていた頃もあるけど、ちゃんとできるようになってるし。
人間やらなきゃいけない状態に立たされればちゃんとやるんです。
いずれにしても、
俺はその「所長からの心無いメール」を見なくてよかったー。
メールは罵詈雑言の類ではなかったようだが、
感情のこもらない文字だけに「それは無いだろ」的なリアクションをしたくなるメッセージだった模様。

連日名古屋の客先に常駐する作業において、
今日は「寝る30歳」が現場担当。
彼も立派に2日間担当した、
と思っていたのに…。
彼は翌日の土曜出勤予定だったが、突然体調不良を訴えて土曜は休むらしい。
課長が別件で明日の予定をショートメールで問い合わせたら、
電話がかかってきて「体調不良なので休みたい」と。
そして課長に叱られる。
「このタイミングで言うのかよ!せめてお前からその件でかけてこいよ!」ですって。
うん、まぁ確かにそれもそうなんだけど、
たぶん本心は別のところにあると思う。
「この緊急時にみんなで頑張ってるのに、お前そんな『ウソ』ついて休むのかよ!」
ってことだろう。
少なくとも俺はそう思う。
彼は、長年の勤務態度から我々からの信頼が著しく低いからな…。
突然(しかもこんなタイミングで)体調不良を訴えてきても、誰も信じない。
たぶん、俺が同じタイミングで同じこと言っても、叱られなかったと思う。
まぁ彼に「ウソつくんじゃねーよ」とは言えないからそう叱るしかないんだけど。
信頼って大事だなと、アイツ見ていてつくづく思う。
ただ、やっぱり、当の本人にそれがわからないと意味がないなぁ。
「貴方はよく寝ているので信頼度が低いです」なんて言えるわけがないので、
自分から気づくしかないんだけど、
「今自分の信頼度が低いことを自分で気づけるか」っていうと、無理だよな。
あんだけ寝ていて信頼されていると思う方がどうかしてるけど、
それより、この世に「信頼度」というパラメータが存在していることを知らない気がする。
信頼度・パラメータというとアレだが、
要するに「信じられるか・信じようという気になるかどうか」ってことだ。

それはさておき。
ウソだろうともそういう訴えがある以上休ませないわけにいかない。
ていうか実質ウソだと思うんだけど、
彼、今そういうウソ言ったらどうなるか、を認識できていない気がする。
「お前が休みをもらえる」だけじゃないのよ?
場合によっては、
「コロナかもしれない社員がお客様の職場でお客様と接した」てなって、
客先の全員が検査を受けるとかしなくちゃいけなくなるかもしれないのよ?
そこまで波及する可能性があることを認識していたなら、
安易にそんなウソつかないと思うんだけど。
(ここまで考察はするのに「ウソじゃない可能性」は全く考慮しない俺w)

 

November/05/2020/Thursday
客先でトラブル発生、連日名古屋の客先に常駐することに。
俺の担当は土日の2日間。
気が重い。
とはいえ断れる理由もなし。
6日間を3人で2日ずつ分担であり、今週の土曜は出勤予定だった俺が土日を担当する。
仮にもう2日増えるようなことがあればもう1名増員されたかもしれないが、
どうなろうと俺が参加しなくてよくなるケースが思い浮ばない。
通常真っ先にメンバー入りするはずの同期はここ3ヶ月程「体調不良」ということで、
この手の業務には一切入ってこないし。

ホテルを予約するにあたり、
GoToキャンペーンのクーポンを発行し使うと割引がある、てことがわかった。
アレ、これどうするんだ?
こういうところで金をちょろまかす気は欠片も無いので、
俺はクーポンで割り引かれた金額で精算するつもりだが、
今回のメンバーの中には「割り引かれないままの金額」で精算し、
差額をちょろまかそうとする奴がいるかもしれない。
そんな奴がいたところで非難する気は無い。
正直、別にちょろまかしたっていいと思っている。
(そのくらいの手当があっていいくらいキツい仕事だ)
GoToキャンペーンのクーポン自体、利用者が発行手続きを行って始めて有効になるものだし、
ホテルの予約は個人の作業になっているのだから(つか事務の人予約してくれよ)。
こちとら辛い出張をしているんだから、
個人が手間かけてまで会社の経費を軽くしてやる義務等無い。
だが、
仮にA君がちょろまかして精算したのに、俺が割引価格で精算してしまうと、
後日A君が非難されるかもしれない。
前述の通り「別にちょろまかしてもいいと思っている」ので、
俺のせいでA君が非難されることは本意ではない。
では今回行くメンバー3人で、精算の仕方を統一するよう予め示し合わせるか?
なんかそれもめんどくさい。
人によっては本当にクーポンを発行してないかもしれないし。
とか考えてたんだけど、
よく考えら、
クーポンを使って宿泊費が変わったのなら、
領収書に記載されるよね。
会社での精算は領収書で行うのだから、
つまり個人が提出した領収書が全てなので、示し合わせる必要なんか無かったわ。
例えば、
精算直後に「済みません、クーポン持ってるの忘れてました」と再計算してもらい、
「クーポン無し領収書」を受け取る、
みたいな悪い事すれば、今回で言うと4000円くらい入りそう。
まぁ、最後のは完全に不正だとしても。

土日は出張となったが月曜は休み。
もともと土曜が会社指定の出勤日で、他の社員はこの日に有給を入れて休みにするところ、
俺はこの日は出勤日のままとし、代わりに月曜に有給を入れたから。
今年度の指定土曜出勤日は全てそのようにした。
理由は、(元)彼女と2人で会える時間を作るため。
平日は基本的にこちらは出勤だし、休日は向こうにお子さんがいるだろうから、
2人で会うには平日に休みを作るのが良いと考えて。
だが、この行動は一度も実を結ばないまま無駄になりました。
そもそも、そういう意図で複数の月曜に休みを入れたことを相手に伝えていない。
その休みを取得した6月頃ってのは既に関係が悪化して(というかどうでもよくなって)いて、
そんな時にわざわざこちらから「休みを入れたので2人で会いましょう」と言う気は無かった。
厳密には、以前も書いたように、
6月の面会の経緯から「せめて最初は貴方から動くべきでしょう」という思いがあったので、
「動いてくれた後、休みを取得していることを言えばいい」と思っていた。
「動いてくれないなら、それを言わないまま終わってもかまわんし」ていう。
で、実際動いてくれなかったので、今に至る。
そんなんだから、
「せっかく月曜を休みにしたのに無駄になった!」とも思わないし、
「俺だって気を使って休みを取っていたのに!」とも思わない。
何がいいたいのかっつーと、
こんな風に、
本人に伝えていなくても相手のために考えて行動していた事なんて、
普通(お互い)いくらでもあるもんだと思う。
それを、
「私はこんなに尽くしてるのにお前は何もしない」
的な内容で逆上されたので、
「ああ、この人は相手のことを全然考えられない人なんだな」
て思いました。
「相手のことを考えているつもりの『自分』」のことしか考えられないんだな、と。
不満があるのは仕方がない。
俺もある。
お互いの不満レベルは同等ではないかもしれない。
だが、お互い様であると少しでも思えるならああいう言い方はしないよなぁ。

 

November/04-2/2020/Wednesday
主任の現場作業がうまくいかず、会社にいるAさんと長いこと電話でやりとりしてた。
そのうち主任からこちらに電話がかかってきて、俺が対応するハメに。
Aさんの対応に主任がキレた模様。
どうも、ファイルを送ってもらうよう依頼してたのに、
あとで「それなら30分前に送ったけど?」とか言われた模様。
ああ、そりゃAさんが悪いわ、全面的に。
トラブルで会社とやり取りしてるんだから、送ったら送ったって言わないと。
現場側は基本一人しかいないので他にも作業はたくさんあり、
メールの受信画面にでリロード繰り返してるわけにいかないんだから。
Aさんあんまり現場に出ないから現場の空気がわかんないのかな。
いや、違うな、人間的にそうなんだろう。
「今日中になんとかしなければならない」
という現場の切羽詰まった状況であることを想像できない人なんだろう。

別件。
現場でOS更新を行う必要が出たので、4つの営業所にデータを入れたUSBメモリを送りました。
OSのイメージデータだとはいえ、ファイルなので、
送信すればいいはずなんだけど、容量のせいかなかなかうまく行かなくて。
結局USBメモリの発送となってしまいなんだか釈然としない。
まぁ送ったファイルをUSBメモリに入れる際に失敗したり、
営業所で使おうとしたUSBメモリの状態によっては作業時のコマンドが変わるかもしれないので、
結果オーライではある。
ただ、
4箇所にUSBメモリを送るにあたり、USBメモリが足りない。
1箇所には俺の私物を送っているくらい。
なので、「USBメモリ(900円)をあと3つ買ってくれ」と提案した。
しかし課長の許可が下りなかったのがちょっと面白くない。
どっかにあるんじゃないかとか言い出して。
そこさぁ、ケチるとこ?
結局、課長の私物と社内に転がっていた2個を使うことになり、
確かに「どっかにあったUSBメモリ」を使うことで3000円くらいが浮いたけど、
そのために、どっかにあるかもしれないUSBメモリを探したり、私物を使うことになったり、
発見したUSBメモリの中にあるファイルを消していいかどうか課員に問い合わせたりと、
無駄な作業が生まれた気がする。
そういう無駄な作業を省くための提案なんだけど。
「カネをかけない」方が常に正しいわけじゃないと思うんだけど。
使い終わった後無駄になるわけでもなし。

 

November/04/2020/Wednesday
とにかく別れることができた。
そうなるとこちらとしても、今までの経緯を知る人間にそれを言ってみたい。
「こんな別れだったのだがどう思うか」と。
その結果、元彼女の言動に難色を示す人ばかり。
ほらー。
「俺の友人」に俺が言ってるんだから、
いかにフェアに伝えたとてそりゃ俺の味方になってくれるかもしれないけど、
試しに友人Aに、友人Aの友人Bに対して「友達の話なんだけど、」と説明してもらったら、
それでもやっぱり共感は得られた。
ほらー!

きっと今頃元彼女は自身のご友人にこの件を愚痴っているんだろう。
その結果賛同を得ているんだろう。
もはやどう説明しているのか聞いてみたいくらいだ。
前にも書いたけど、
裁判じゃないんだから、自分に有利な説明をして共感を得たって全然構わない。
そういうことをして得た共感じゃあ、俺は喜べないからしない、っていうだけ。
この人はそれで満足するのかもしれない。
いや、たぶん、
「自分に有利な説明をしている」なんていう自覚は無いと考えるのが自然か。
何しろ自分は完璧で、相手は完璧に悪なのだから。

 

November/03/2020/Tuesday
ついに彼女と別れました。
いやーまいった。

こちらから別れを切り出すにあたっての表面的な原因としては、
「ここ2ヶ月LINEですら一言も話していない」こと。
つまり、
 ・話すことが特にない。
 ・このままじゃ終わってしまうだろうが、関係を維持する気が無い。
と「お互いが」考えていると判断した。
特に、前回会った4カ月前、つまり前回関係が終わりかけた時、
「関係を維持するために今後は会う回数を増やしましょう」
となったにも拘わらず、それ以降一度も会っていないこともあり。
だから別れについては合意されるものと思っていた。
しかし違った。

まず、理由を問われた。
「2ヶ月話していないから」は理由としておかしいという。
何故なら彼女が俺に対して2ヶ月話しかけなかったのには意図があるとのこと。
俺の対応にイラっとしたから意識的に黙っていたという。
では何にイラっとしたのかというと、
お子さんの誕生日に俺がLINEで送ったメッセージが、
「お子さんの名前+ケーキマーク」だけだったから。
「おめでとう」の一言も言えないのか?だそう。
ちょっと笑えてくるくらい、ホントにこの人の価値観がわからない。
本人曰く、自身のご友人複数にこの件を訴え共感を得たというが、
いやアンタどんな説明をしたんだよ?
どんだけ盛ったんだよ?
こちらでありのままを友人に説明いた結果、全員に「え?w(何が悪いの)」て言ってもらえたけど。
そりゃ、
A対応(ケーキマーク)とB対応(おめでとう)、どちらがより良いか、
という聞き方ならBかもしれないけど、
論点はA対応が「許せない程ひどいことか」「イラっとして2ヶ月黙るに値するか」だろう?
とにかく本人としてはその件で「イラっとした」から、2ヶ月話しかけなかったんだと。
(厳密には「イラっとしたから黙り始めた。俺がそれを放置したので結果2ヶ月も話さなかった」だ)
そもそもイラっとしたから黙るってのはどうなのか。
「その苛立ちを伝えて改善してもらうべきではないのか」という正論を言った友人もいたし。
当の彼女本人としては、
話しかけてこないという「アクション」を起こしたことに対し、
「どうしたの?」「何か悪いことした?」と聞いてやるべきだったんだと。
俺は付き合うのは初めてで精神的に中学生みたいなもんだという自覚はあるけど、
コイツはコイツで小学生みたいじゃね?

コレについては女性の友人から「その対応は女子っぽい」との意見をもらいました。
西野カナの「トリセツ」の歌詞、
> 急に不機嫌になることがあります。
> 理由を聞いても答えないくせにほっとくと怒ります。
> いつもごめんね。
> でもそんな時は懲りずにとことん付き合ってあげましょう。
の通りだという。
もし相手に「いつもごめんね」の思いがあったんなら、続けることができたかもしれないな。
今回の後述する激昂時の内容から判断するに、そんなもん無いだろうから。
「私の怒りは正当だ」「常にお前が悪い」だろ。
(逆上中に「いつもごめんね」は普通思えないとしても)
それに、
この意見をくれた女性の友人も「今回の怒りの理由は理解できない」て言ってくれました。

とまぁそんな感じで、
納得できるか否かは別として、
彼女側から2ヶ月音信不通だった理由はそういうことだったようだ。
言い換えると、「関係を続ける気はある。お前から謝罪するならば」といったところか。
こちら側から2ヶ月話しかけなかった理由は、何度か書いた様に、
(そう、何度か書いているくらい、こちらにも十分不満というか、思うところはあったわけよ)
「貴方が関係を続ける気が無いなら無いで構わない。俺から動いてやる程の気持ちはもう無い」だ。
この時の俺は、彼女側の意図など知らんので、
別れを切り出せば、「双方愛想をつかして(円満に)別れる」になると思っていた。
だがしかし。
そうはならなかった。

どうなったか?
彼女、激昂。

彼女側の見解としては、
 「お前が悪いから私は黙っていたのに、その結果別れましょうとは何事だ」
ということらしい。
 「私からお前を見限るならまだしも、お前から私を見限るのはおかしい」
らしい。
なので、こちらから別れを切り出したことに対して、
 「おまえがいうな」(原文ママ)
ですって。
その上で、
 「あなたをフります。さようなら」(原文ママ)
ですって。
なるほど、
俺から別れを切り出すってのは、相手として「フラれた」ことになるわけで、
そんなの許せない!てことかw
そうか、気が付かなかったけど俺はフってたのか、貴方はフラれたのかw
その点に限っては、理解できる。
でもさ、今思うと、
フるフラれるって、別れに対し意見の相違がある場合にのみ生まれると思う。
つまり双方合意の上なら存在しない概念だろう。
俺としては双方合意の上だと思っていたので、こちらから「フる」という認識は無かったわけだ。
ていうか、「別れよう」言われてしまった側としては、
改めて「フります」と言ったところで、フラれたという事実は変わらないような…w

いずれにしても、
 「あなたをフります。さようなら」
と言われたわけです。
コレに対して即俺も「さようなら」と返した。
これで正式にお別れが完了したと考えて良いだろう。
結果オーライ、会話も終了だ、よし完了!
と思ったのに!
この後!
後ですよ後!
 「あのとき何故こう言ったのか答えろ」
とか言い出して、
何件も、小一時間も問い詰め?が続いた(信じられん)。
「ハッキリさせないままにできない」とかなんとか言ってたけど、
おそらく、
「自分は悪くないのに、相手から見限られた」ためプライドが許さず、
終わるにしてもとにかく文句だけは言ってから終わりたい、怒りをぶつけたい、
ってことだったんじゃないかと思う。
当初、律儀に対応してました。
こちらが何1つ悪くないとは思わないので、
こういう結果になった以上鬱憤の捌け口になるくらいの義理はあるかと思ったから。
それに、相手の憤慨に対しこちらにも言い分はちゃんとあるので、言い返したい言葉もあるから。

しかし、小一時間も続くとさすがにだんだん辟易してきましてw
「え、コレなんの時間?w」て何度も思ったわw
結論決まってるよね?
貴方も結論を変えようとしていないよね?
ていうか単純にめんどくさくなりまして。
別に怒らせたいわけじゃないけど言い返すと更に怒るだろうし。
もう「申し訳ありませんでした」です。
何回目かの「申し訳ありませんでした」の後無反応になったから、
のれんに腕押しを感じて諦めたんだろう。
まさかいい歳こいて「よし謝らせた!自分はやはり悪くなかった!」等とは思わないだろう。
そもそも「申し訳ありませんでした」なんて単語をもらった時点でバカにされてると思っているハズw

そんな感じでようやく終わったわけだが、
いやー、ホントにまいったわぁ。
本人「お前のこれが許せない」て言ってるのに、
こちらからの「だから別れましょう」に同意しないとかびっくり。
否、結果的に同意したのに、その後更に文句が続くってのが信じ難い。
いや言いたいことがあるのはわかるけど、でもそれ別れた後(「さようなら」の後)に言う?
俺が先に結論である「別れ」を切り出しちゃったから逸したんだろ、その機会を。
機会を逸したのに、それでも言うとか、無理やりすぎる。

最初にLINEで別れを切り出した時、
相手は友人と外出中だったようで「詳細は帰宅後に」となった。
で、帰宅後最初に来たメッセージが、「会って話さないか?」というものだった。
その時提示された日程がまた「お子さんの塾の合間」。
こんな時でさえもアンタはこのために時間を割けないのね。
今まで何度か書いてきたけど、そういうとこだよ、こうなった原因の1つは。
もはや改善を促す段階ではなくなってたから、それを指摘したことはないけど。
彼女風に言うと「俺は言わなかったけどそれを我慢してた」だ。

正直会って話すことも無いのでその申し出には断りを入れたところ、
上記の激昂に繋る。
このタイミングで怒るって、間違いなく「好きだから別れたくない」じゃないよな。
「私がフラれるなんてプライドが許さない」だよなきっと。
「どう考えても相手が悪いのに私がフラれるなんて」ていう。
この時点で分かり合えない。
自分は一切悪くないと思っている時点で。
実際、
 「傷ついたのはこっちなのに、何故自分も傷ついたみたいな言い方をするんだ」
て言われた。
いやいや、
俺がどんだけアンタの不満を日記に記してきたと思ってるんだ笑
相手が「傷ついた」というからには、確かに傷ついたんだろう。
俺も完璧だったとは思わないし、むしろ彼氏としての対応は拙いレベルだろう。
それは認める。
だが、こっちの受けたダメージを否定すんなよ。
何の根拠があってそれを否定すんだよ。
アンタは完璧だってのか?
アンタの「善かれ」と思ってやったことが全て前向きに受け取られたとでも?
お互い様だとは欠片も思えないか?
思いやりとかリスペクトとかいう単語をよく使うこの人だけど、
「私は尽くしている」「私の行動は貴方のためを思って」とか、
結局「貴方のために行動した『自分』」のことばっかりで、
相手が実際どう思ったかについては全く無頓着に思える。
一応書いておくけど、
「俺にはそれができている」などと言うつもりはありません。
ただただ「(ダメなのは)お互い様じゃね」って思うだけ。
その「お互い様」を許容できる人または改善しようとする人たちが付き合いを続けるのであって、
許容できない人改善しようとしない人たちが別れるんだろう。
我々は後者だったというだけの話。

 「もっと愛されたかった、大事にされたかった。大事にされていると感じたことがない」
だそうです。
願うのは自由だけど、
愛されなかった、大事にされなかった理由が自分に(も)あるとは考えないのかな。
確かに1年前くらいから冷めてるよ。
LINEで衝突し冷めた後、モチベーションが上がる要素が無いんだもの。
(前も書いたけど)
会ったら会ったでそこにはお子さんが必ずいて、
「はしゃぐお子さんとそれを叱る母(彼女)」ていうシーンを、会っている間ずっと見せられてた。
その次に会った時も全く同じ展開。
その「叱る」てのも「やめなさい」レベルじゃない。
「てめーいい加減にしろよ!」って彼女自身が発するくらいのレベル(けっこう従わない子なので)。
もう親子喧嘩。
外出ではしゃぐお子さんが悪いとは思わない。
それを叱る彼女が悪いとも思わない。
しかし、
タダでさえ冷めてきてるときにそんな姿だけ見せつけてモチベーションを保てと?愛せと?
無茶言うなよ。
娘を一緒に育ててる家族じゃないんだぞ俺らは。