日記
だいあり〜

-

ゲームの日記へ

ケータイカメラ写真館

4月/卯月

April//2021/day

 

April//2021/day

 

April//2021/day

 

April/18/2021/Sunday
ある案件に対応する必要が出た。
経緯が特殊で、簡単に言うと、
 ・担当者が勝手にお客さんに「出来る」って言っちゃった。
 ・実現方法確立していないのに納期まで間が無い。
みたいな状態。
課長やら主任やら4人が集まって緊急会議。
頭数揃えて意見を出しあうのはいいんだけど、この情報を持って来た主任Aさん。
 A「担当者曰く『Aが出来るって言った』て。言ってねえっつの!w」
わかったよそれは。
アンタ、それ何回言うねん。
小一時間の会議中に4回5回言ったろソレ。
確かに内容的に考えて、とてもAさん含め我々が「できる」と言う事柄に思えないので、
アンタの「言ってない」ていうのは事実なんだろう。
だけどね?
今その点愚痴ったところで、問題解決という観点ではちっっっとも前に進まないの。
言ってないこと言ったとされて心外なのはわかるけど、
別に俺ら誰もアンタを疑ってないから(たぶん)。
もっと建設的な話しよ?

 

April/17/2021/Saturday
新しいプログラマ(女性)が来社した。
今までメール上でのやりとりはあったけど、会うのは始めて。
彼女が帰った後課長に彼女の印象を聞いたところ、
「特殊な人だな!」だった。
これは、ちょっと喋ってることが聞き取りにくいねあの人、という意味。
俺もそう思う。
「お前よく聞き取れるな!」て言われたけど、俺も100%聞き取れているわけじゃない。
100%聞き取れなくても前後の流れとかでリアクションは取れる。
また「今聞き取れた部分では言いたいことが理解できなかった」みたいな場合でも、
濁して先に進むこともできる。
(もちろんうまくいかないケースもある)
人間(いや俺のことだけども!)てわりとスゲーな!
ちなみに、
課長には「ウチに長年いるAさんより聞き取り易い」と言ったら、
「確かにな!」とめっちゃ納得された。
Aさんの聞き取りにくさは半端ないから。
俺が入社した頃とかほぼ何言ってるかわかんなくて、
当時やりとりしてた先輩はよく聞き取れてるなと思ったものだが、
なるほど、前述のような感じで先輩らも「なんとなく」でしゃべっていたのかも。
そして、俺も今ではAさんとの会話は9割くらい聞き取れている。
あとは慣れってことか。
やっぱり人間てスゲーな!

 

April/16/2021/Friday
なんとなく昔のゲーム日記を読みかえした。
前にもちらっと書いたけど、
15年前くらいの俺の日記のノリは、結構キツいなw
若さというか幼さというか。
「今それはない」かどうかはわからない。
何しろ今の日記ってのは「今の俺の言葉」なので気がつきようが無い。
また、
ロストオデッセイのプレイ日記読んでた時強く思ったんだけど、
状況がわからないケースが多々ある。
状況の説明があまり無い。
ロストオデッセイが、俺が過去プレイしたゲームの中で毛色が少し違って、
あんまり印象に残っていないからっていう要素も少しあるけども、
書かれている内容だけじゃ当時のことを思い出せない。
コレ、後から読み返すにあたって面白くないな。
もう少し後に書いた日記だと、意外とそういうことがない。
そのゲームの内容を忘れているにも関わらず。
これは、
技量ではないか思う。
「日記を書く上で毎回状況説明するようになりました」
ではなく、
「日記(感想)を書く上で必要最低限の内容は盛り込むようになった」
かなと。
つまり、
「必要最低限が何なのかを判断する」という点の技量が上がった、
と思います。
思いたいです。

 

April/15/2021/Thursday
久々に前向き情報キタ。
2年前?くらいに辞めた同期がウチの会社に戻って来る(確定)。
性格的に問題ないことがわかっている人間が社員に加わるのって、かなりの朗報。
更にウチの会社で15年弱の経験まであるくらいだから最強。
「人間的に好きなのでまた一緒に仕事できてうれしいです」的な感情より、
「仕事が回しやすくなる」系の感想が先に出ているわけだが、
これは別に悪いことじゃないと思います。
だから冷いとか、そんなことはないと思います。

それはさておき、
「一度辞めた会社に戻る」ってバツの悪さがあると思う。
それを乗り越える気になる程、今の会社ってダメだったんだろうか。
今の会社がダメであることはまぁ置いとくとして、
更に別の会社に転職するのではなく前の会社に戻ることを選んだのは、
更に別の会社だとまた別の問題があるかもしれないから、
「人間関係的に問題ない(辞めた理由はこれじゃない)事が分かっている前の会社の方が安心」
ということだろうか。
あ、ウチの「戻って来るの?大歓迎!」な体制は大きかったかもな。
同期だから年齢はもう38とか39とか。
そんな年齢でさらに別の会社を探すとなるとそれなりに大変なのではないか。
だったら「大歓迎!」に乗っかる方が楽だし安心だろう。
そう考えると、
「一度辞めた会社に戻る」って最適解な気がしてきた。

が、そう考えると反面、
「元の会社に戻りたい」のではなく、
「今の会社をやめられるならどこでもよく、元の会社ならお手軽だから」
という可能性も無くはない。
ただこれについては全く問題ないと思う。
「そんなスタンスなら戻ってくるな」とか全く無い。
俺だって別に「この会社が大好きです!」の結果ここにいるわけでもないしw
前述したように、
こちらも「彼とまた一緒に働けて嬉しい」ではなく「仕事が回しやすくなるから嬉しい」と思っているし。

 

April/14/2021/Wednesday
夢って不思議だなぁ、な夢みた。

夢の中であるバラエティのテレビ番組を見ていた。
その番組の中で、
「この歌は絶対テンション上がる」
という歌が流れ、
それを聞いた俺は「知ってる!懐かしい!!」と歌を口ずさむ程テンション上がった。
夢はそこまでなんだけど、
起きてからもそのメロディーと歌詞を覚えていたので、
その曲が「おばけのホーリー」ていうアニメのオープニング曲であるとすぐ思い至った。
平日18時とかにやってたであろう、子供向けアニメだ。
間違いない。
で、どっから俺の夢の中に出てきたんだコレw
例えば最近それをYoutubeとかで見かけたとかならわかる。
しかしそういう要素に一切心当たりがない。
にも関わらずそれが出てくるって、ホントに夢ってのは不思議だなぁ。
「知人に、現実では全く言われていないことを夢の中で言われる」とかもよくあるしなぁ。
不思議だなぁ。
勿論、実はリアルで見たけど認識していないとか、
それ自体を見かけたのではなく何かそれを彷彿とさせるものをリアルで見た、
という可能性はあるけど。

AmazonプライムでHERO(劇場版)を見た。
2007年だか2015年だかの作品。
木村拓也主演ということくらいは知っているが、その程度の知識。
とにかくキャストが若い!
顔にシワっぽいシワが無くてつるつる!
それはさておき、やっぱりキムタクはキムタクだなぁ、嫌い(笑)。
被害者に寄り添うクリュウ(漢字出ねえ)検事なのに、
周囲にはどうしてこう、なんだろう、感じ悪いんだろう。
眉間にシワ寄せて「は?」「はぁ?」とか。
え、なに、チンピラ?
事務官を「おい。おい!」とか呼ぶし。
あの年齢だもの、「好きな子だからぶっきらぼうな扱い」設定とかじゃないよね?
たぶんキムタクだから(世間に)許される言動であって、
そうじゃないならきっとただの嫌な奴に映るんだろうな。
というわけでキムタクは嫌いだったけど、ストーリーはそれなりに楽しめた。
あと、テーマ曲が好き。
話題になってた当時も、見ていないながらテーマ曲は耳にしてた。
これはカッコイイ。

友情出演で韓流スターが出ていた。
「友情出演」とはスタッフロールでの書き方を採用してのことだが、
友情出演の定義って何だろう。
「出演するけどギャラはもらいません」かな。
それしかないよね。
フツーにギャラ貰うならただの出演だよね。

「相棒」の映画のたぶん1を見た。
ああ、これは「相棒」って感じのストーリーだったなと思った。
相棒が活躍する。
そしてどんどん次の展開に移行するこのストーリーは良かった。
連続殺人事件だったはずなのに最後は全然そんな感じじゃなかったのが良い。

 

April/13/2021/Tuesday
出勤したら、即社員全員集められた。
何の話かと思ったら、社長が亡くなったとのこと。
ここ数年病気がちではあったけども、そんな酷かったんか。
62歳ですって。
朝からテンション下がるわぁ。
申し訳ないけど「馴染みのあるあの社長が」とかいう感情ではないが、
 1)社長にも息子とか家族がいるわけで、彼等の喪失感を想像すると心が痛い。
 2)こうやって突然近しい人がいなくなる可能性があるんだなっていう恐怖。
によって、
テンション下がる。
うちの両親はいずれも62歳より上だし、
今後どんどん「いなくなる率」が高くなるわけで。
うわぁ、いやだぁぁ。

朝歩いてたら目の前にズボンをややズリ下げた男が歩いていた。
久しぶりに見たな(そして相変わらずダサいな)、腰パン。
と思ったんだけど、ふと「腰パン」て語源何?と思った。
(腰パンだよね?違ったっけ??)
パンはパンツ=ズボンのことだとして、腰が指すものって何?
腰パンが意味する状態って、ズボンをズリ下げた状態のことでしょう?
そこに無理矢理「腰」という単語を入れると、
本来腰の位置にあるべきズボンの上部が尻くらいまで降りてる状態、とでも言おうか。
それを略して「腰パン」ておかしくないか。
「本来AであるべきところがBになっている状態」を略して「A状態」とは言わないでしょ。
略すならB状態でしょ。
つまり今回の場合、尻パンならわかる。
「尻まで下げてるパンツ(ズボン)」って意味で。
とにかく「腰パン」ではないだろ。
どっから出て来たんだ腰パンて。

ここまで書き終えてもまだ腰パンについて考えていたところ、
「腰の位置を下げた状態」という表現を思いついた。
実際生物としての腰の位置が変わるわけではないが、
ズボンをズリ下げることによって外から見たら腰の位置が下がっているように見えるかもしれない。
これを意図しているのであれば、略して「腰パン」と言える気がしてきた。
「実際どうなっているか」ではなく「外からどう見えるか」という点から出来た言葉か。
なるほど。

ちなみに、
コレ書いた後、
まさにこの日に出たジャンプの1ページに「腰パン」という単語を発見。
ああ、やっぱり腰パンで合ってた!と思った。
語源がわからないだけに「ホントにその単語で合ってたっけ?」て不安でした。
というかスゲータイミング!

 

April/12/2021/Monday
派遣社員の女性が、シュレッダーのゴミ袋交換をしていた。
裁断した紙を入れる袋がいっぱいになったから。
交換した紙満載の袋を所定の場所に運ぼうとしていたのだが、
そのビニル袋をがっつり引きずっていた。
ビニル袋が擦れて裂けないかと心配になったので、俺が持って行く、と申し出た。
俺は力がある方ではないけど、これは持ち上げて運ぶことはできた。
派遣さんのリアクションとしては、
「いいんですか?!ありがとうございます!」
という感じでわりと即決で、あんまり遠慮が無いなと思った。
コレ、
「重いから億劫だった」とかではなく、
「置き場に行くのが憂鬱だった」ではないかと感じた。
この裁断した紙の置き場所は、管理課のAさんが常駐していることが多い場所。
現在Aさんとこの派遣社員さんは確執がある(どう見てもAさんが悪いんだが)。
そんな場所に行くのは憂鬱だから、
代わりに行ってくれるという申し出があれば是非依頼しよう、
ということではないか。
物理的に「重い」よりも、精神的に「憂鬱」な方が間違いなく仕事はやりにくいだろう。
実際俺が持っていったら、近くで休憩していたAさんに微妙な間があった。
普段は雑談に入るだろうにそれが無いのも違和感がある。
「何でお前が持ってくるんだ」的な意図を含んだ間ではないか?
派遣さんのリアクションにしてもAさんの間にしても、どちらも想像なんだけど、
あながち間違ってはいないんじゃないかと思った。

Aさんと派遣社員さんの接点が無くなるに越したことはないと考えている今、
上記のような一件があったので、
派遣さんに「そのゴミ運ぶ前に我々に頼んでくれ」と伝えようかと考えた。
否、むしろシュレッダーのゴミ袋交換は我々が積極的にやるように課内に通達するか?
うーん、
開発課で雇った派遣さんなんで、「考える」必要の無い単純作業系は可能な限り全部任せたい、
と考えていたんだけど、これじゃ本末転倒じゃないか。
(単純作業であっても「重い」もの持たせるのは違う気もするが)
発端はAさんの迷惑行動(にしか思えない)。
なんて迷惑なんだAさん・・・。

 

April/11/2021/Sunday
寝る社員行方不明問題。
コイツは「仕事中寝る」問題の他に、「仕事中行方不明になる」問題も抱えている。
おそらくトイレに行っており、かつそれが長いため、「あいつどこいった?」になる。
彼の場所を常に把握しておきたいとかじゃない(そんな暇じゃない)。
仕事の過程で話したいことがある時とか、内線かかってきた時とか、
探しても「見つからない」というケースがコイツ非常に多い。
当然トイレに行くなとは言わんし、ちょっと腹下してるような時もあろう。
俺だってトイレ(放送聞こえにくい)にいる時、
「あ、今俺内線で呼ばれた気がする。でも出られません」みたいのは稀にある。
だが、
コイツはその頻度が半端ない。
どんだけ、
 「あいつどこいった?」「またトイレか」「あいつまだトイレかよ!?」
みたいなシーンを見たことか。
「あいつまたトイレか」という回数多い系の不満はまだしも、
「あいつ『まだ』トイレから戻らないのかよ!?」ていう、
1回の不在の時間長過ぎ系の不満があるのって相当だよね。

お客様と接するのは基本的に営業所の社員。
お客様は「(ウチの)機材を使うプロ」であり、営業所社員は「機材を売るプロ」なので、
お客様からの問い合わせに営業所社員が対応できないことがある。
結果、営業所社員は我々開発に質問を投げる。
我々に至っても「機材を作るプロ」であり「使うプロ」ではないので、
お客様の質問が高度でよくわからなかったりもするが、
(え、確かにその機能用意してるけどそんな風に使うこともあるんだ?とか)
対応するしかないのでする。
この流れは致し方無いだろう。
しかし。
営業所の社員が、
「私が聞いてもわからんのでお客様と直接やりとりしてくれないか」
って最初から言うのは、どうなんだろう。
確かに間に知識の無い人が入ることで正確に伝達されない可能性はある。
お客様としてもより話の通じやすい人に話した方が良いかもしれない。
けどさ、
じゃあもうこれからずっとそうするの?
これからも営業所はその機材を売るんでしょう?
売った後の保守にも対応するんでしょう?
今理解してないのはわかったけど、理解できてないなら勉強しなさいよ。
開発部の持つ技術的な力を得ろと言ってるんじゃない。
あくまでも質問は「機能」の範囲内なんだから、せめて機能は理解しなさいよ。
回答できなくても「正しく伝えられる」レベルにはなりなさいよ。
毎回お客様と直接やり取りする、って開発の仕事じゃないでしょう?
俺らの仕事増やすなっていうか、
アンタら開発部外の社員は、
 「客先対応は我々がするから、お前らは1分1秒でも長くデバッグしてまず不具合無くせよ
って言うべきなんじゃないのか。

 

April/10/2021/Saturday
新しいプログラマよりメールで、製品の仕様の1つの説明を求められた。
とても難しいとこ聞いてきた。
これは文字じゃ説明しにくいな〜、と思いつつも文章で説明しました。
冒頭に、
> 試しに以下に説明を記載するが、文章だと難しいので、
> 軽く読んで理解できないようなら無理に理解しなくていいです。
> 次回来社された際に現物を見せながら説明致します。
と書いた上で説明の文章を作って送りました。

冒頭の文面は「文じゃ無理だよ・・・」みたいな感じを書いたけど、
俺、本気で文章で理解させるための説明を構築しました。
なかなか良い出来だったんじゃないかと思う!
相手の返事の文面を見る限り、お世辞ではなく、ちゃんと伝わったんじゃないかと思う!
文章での説明には定評がある私ですから!
あと、俺説明すんの好きだから!

仕事において「あ、ソレ忘れてた」てあんまり無い。
(忘れたら二度と思い出さないという意味ではありません。たぶん)
これが発生する時って、主に「相手が忘れている時」。
基本的に自分だけで完結する仕事ってあんまり無くて、
俺の部署での作業が終わったら、次の部署に対応を依頼する。
その部署での作業が終わったら、こちらに戻ってきたりする。
なので、俺は相手に仕事を渡した時点で、「やらなきゃいけない作業リスト」から抹消する。
相手からその仕事が戻って来た時にまた、「やらなきゃいけない作業リスト」に追加すればいい。
しかし、
相手がその作業を忘れているケースがちょいちょいある。
戻ってくるまで俺は忘れているため、相手が忘れてしまうともう一切進まないという。
それでも何かの折にふと「あの件どうなったんだっけ?」と思い出して、
記録を辿って見ると「相手が止めてる!」と気づく的な。
気付いたところで、「忘れてたの俺じゃないし」「相手が止めてるだけだし」ていう状態。
結局こっちは相手の作業待ちという状況ではあるけど、
全てが「引き続き俺は待っていればOK!」というわけもなく。
相手が忘れていたことで困るのが相手のみであればいいけど、だいたいそうではないから。
仕方無く「この件の進捗を教えてくれ」とせっつくハメになる。
何が言いたいのかっつーと、
俺、アンタの仕事も管理せなアカンのかよ?
ていう。

 

April/09/2021/Friday
なんとか新聞の4コマの内容がすごかった。
 「同性婚て子供生まれないよね?」「そりゃそうだ」
から始まって、
 「少子化が問題だってのに更に少子化を進めるような同性婚を認める法令を進めるなんて!」
と続き、最後に、
 「日本の未来より個人の幸せの方が大事だとでも言うのかしら?」
と締める。
すごい。
こんなに批判しか浴びないであろう4コマ漫画を新聞に載せるなんて。
「日本の未来」と「個人の幸せ」を組み合わせて作る文章って、普通逆でしょう?
日本の未来より個人の幸せの方が大事に決まってるじゃない。
怖いわー。
ソースはツイッターからだけど、
この新聞、こういう「批判浴びないわけがない」内容の4コマを何度も出してるみたい。
天声人語だって個人の意見だから、これも作者という人間の意見てことで、同じなのかしら。
いやー、とてもそうは思えない。
これを読んで批判の電話を受け付けるであろう部署の人が気の毒でならない。
俺同性婚については「認めたっていんじゃね」くらいの軽い考えしかないんだけど、
この4コマは読んでるだけで充分不快になれました。

説明資料作るの難しいなと思った話。
納品先のアプリをバージョンアップするので、
納品先に提出するための「こう変わりました」という資料を若手に用意させた。
指示せずとも更新前後の画像も用意してくれて、そこそこ良い出来。
だが、もう1歩欲しい、と思った。
「こう変わりました」がわかる画像ではなく、
「こんな不便だったのが、こんな便利になりました」がわかるような画像が良い。
改善したのだからそのメリットが伝わらないと。
と思ってそう指示したんだが、
ふと思った。
その更新内容が「資料を提出する先のお客様からの要望」だった場合はどうだろう。
資料に「こんな便利になりました!」風に書いたら、
「いやそれウチが言ったヤツだから」て思われないだろうか。
 元々不便だったところ、私の指摘により改善されたのに、
 「自分らの考えで便利にしましたよ!」風に書くなよ。
みたいな。
ならんかな。
その可能性を考慮すると、
資料はあくまでも淡々と「こう変わりました」レベルに留めた方が良い気もする。
まぁ、
「メリットが伝わるように」とは指示したけど、
 「こぉんな不便だったので、我々熟考を重ね!お客様のために!
 こんな便利な機能を!無償で提供することに致しました!!」
とか書けっつったわけじゃないので、
別に考える程のことではないか。

 

April/08/2021/Thursday
また問題勃発。
まとめると、
「派遣社員の女子が社員Aに嫌がらせされてる」
という感じ。
最低だ。

管理課Aさん(50代♂)はスゲー話好き。
よく若手が捕まって長時間雑談しているところを見ている。
誰にでもフレンドリーで、新人に対してもそんなんだから、新人が打ち解けやすくて有り難い、
と当初は思っていたんだが、ちょっと度が過ぎてる。
勿論俺に対してもそんなんだけど、
俺はもうオッサンなので、俺の方から「雑談はここまで」と早めに話を打ち切ることができる。
しかし若手にそれはできなかろう。
そんな感じで新しく入った派遣社員の女子にも雑談を吹っ掛けていた模様。
まぁこの時点まではまだよかった。

が、この人以前から、
どうも派遣社員だとかシルバー人材とか、社外の人への当たりが強い気がする。
管理課という立場上、派遣社員や掃除を行うシルバーさんたちと接することが多いんだけど、
よく彼等に対して愚痴っている姿を見て来た。
確かにシルバーさんが完璧なわけではなかろう。
指示に従わない、忘れるといったことがあり苛立った経験があるのはわかる。
けど、そんなに怒らなくてもよくね?と思った。
みたいな感じで、今回の派遣社員にもなんかちょっと普通ではなかったらしい。
そんなんだから、派遣社員側がなるべく避けるようにしていた結果、
派遣社員さんはAさんに嫌われたらしい。
その結果接点が無くなるなら問題ないんだが、
Aさん、派遣さんを無視するようになってきた模様。
挨拶しても返さない。
子供かよ。
おかげで派遣さんが仕事しにくくなっているらしい。

Aさん最低エピソードの一つとして、
この派遣さんが最初にウチの会社に来た時、
 A「この会社ポンコツだからやめた方がいいよ」
とか言ったらしい。
冒頭に書いたフレンドリーさから来る冗談、軽口の一種のつもりだろう。
しかし、全くモラルに欠ける。
長年勤めた社員同士でその手の内容の愚痴を言うのは構わんよ。
ただ新人に言ったらアカンてのがわからんのか。
ていうかたぶんここまでの経緯から派遣さんも、
「ああ、ポンコツなのはコイツだけか」とわかっていただけたと思うけど。

Aさんが最低なのはわかったけども、これは困った。
先日書いた他部署のゴミ社員(50代♀)においては、他部署なので回避策を取ることができた。
しかし今回は同じ職場内。
どうしよう。
まぁ俺が対応を考えるわけじゃないんだが、その相談をされている課長、かわいそうに・・・。
ちなみに派遣社員さんの契約更新時期は1年後。
きっと、残ってくれないだろうなぁ・・・。

Aさんは長年色んなバイトを経験した中途社員。
店長経験も何度もあるようで、対人関係の能力は高いんだろうと思っていたんだが、
(確かに新人に話しかけるコミュニケーションスキルは高いだろう)
人としてダメなのかぁ。
バイトの経験なんてほとんど無い俺でも「それはアカン」てわかるようなことが、
どうして人生経験抱負そうなコイツらにわかんないのかなぁ。

 

April/07/2021/Wednesday
今日は「テクハラ」だそうです。
テクノロジー・ハラスメントの略とのこと。
挙げられていた例は、
「先輩、Zoomの設定も一人でできないんですか?よく今まで仕事してこれましたね」
みたいなケース。
なるほど、何かの設定ができないからできる人にやってもらう的なケースはありそう。
そしてこの記事のタイトルは「意図せずテクハラしてるかも」。
もうツッコミどころ満載ですね。
ソレ、ただの嫌な奴だよ。
意図せずもクソもあるかよ。
これ指摘されて「意図してませんでした。悪意ありませんでした」とかいう人、もう人としてダメだよ。
っていう思いと、
記者もわざわざテクハラとか謎の単語作るなよ。
昨日も今日も、どんだけアンタらハラスメント作りたいのかと。
少しでも感情が負のベクトルに動いたらハラスメント!
歩き煙草の煙にイラ立ったらタバハラ!ケムハラ!(タバコor煙)
道端でツバ吐いてるヤツ見かけて不快になったらツバハラ!
駆け込み乗車で電車遅延させ迷惑に思ったらカケハラ!
アレか、
子供がケンカして帰ってきたら「何ハラされたの?」て聞くのか。
いい加減、
「何でもハラスメント付けるなよって思われる」
という風潮に気付いた方がいいんじゃないか。

 

April/06/2021/Tuesday
今日は「TELハラ」なる新しいハラスメントが考え出されたようだ。
トレンドに挙がってる。
最初に読んだ定義らしき説明は「新人に電話応対を任せること」とある。
いやウチでも新人には電話応対の練習はさせて、電話取れるようになってもらうけど?
と思いながら人々のコメントを読んだところ、
どうも、
 ・「お前は新人なんだから」を理由に「社外から来た電話の応対をしろ」て言う。
 ・電話応対は新人の仕事であり、先輩方は電話応対はしない。
を指していると思われる。
それはいいんじゃないかな、ハラスメント認定しても。
別にそんなん「新人だから」発生する義務じゃないだろ。
ただ、それ言うなら「TELハラ」ではなく「新人ハラスメント」じゃないかな。
「新人なんだから」っていうんだから。
でも「新人なんだから」を言う人は確実に先輩やら上司やらであることを考えると、
コレ、ただのパワハラじゃね?
上司である・先輩であることを全面に出して「お前は新人なんだから、」で指示するんだろう?
「何でもハラスメントにする世の中」と言われるようになって久しいけど、
「要するにパワハラなんだけど目を引くように別の名前付けてみた」だよなコレ。

幸いウチに「新人なんだから電話に出ろ」という風潮は無い。
ただ、入社したら電話応対の練習はさせるし、
電話がかかってきたら新人には積極的に出てもらう。
「これがお前の仕事だから」ではなく、
「取れる人が取る。貴方もその一員です」だ。
電話がかかってきた時新人が完全無視で、結果課長が取ることになったら、
「無視すんなよ」とは思うだろう。
これは「無視すんなよ、新人なんだから」ていう意味も多少は含まれているが、
実質「無視すんなよ、社員なんだから」だ。
新人の業務としているのではなく、社員の業務としているのだから。
新人がやらなければならない仕事ではないが、新人がやらなくていい理由は無い。
あくまでも「新人が電話に出る義務がある」っつってるんじゃなくて、
「社員全員で対応する案件だから新人も率先して動いて」だ。
これでもハラスメントかね?

ちなみに、俺は全然電話に出ない(笑
主な仕事場が、電話がかかってくる部屋じゃないから。
むかーーしからそういう場所にパソコン移動させて仕事してたもんだから、
ウチの部署の中で最も電話応対しない人かもしれません。
ただ、老けてきたのもあり、「内線で呼ばれる率」はかなり上がりました。

 

April/05/2021/Monday
「劇場版 相棒2」を見た。
それなりに面白かったと思ったんだが、完結しなかった。
「相棒2」というタイトルだから「相棒3」に続くのか?と思って3も見たんだが、
全くの別の話だった。
やめてよ完結しないのは!

「相棒3」では、
日本の自衛のためという名目で生物兵器を持とうとした犯人役が、
「それの何が問題なんだ?」という持論の展開の中で、
「何故核を持っていい国とダメな国がある?」
とか言ってた。
お、おう、それは俺もよくわかってないところです。
ていうかコレ、
「それはね、***という理由からだよ」ていう正しい答えが存在してない奴だよね?
そういうのを犯人の動機にしないで欲しいな個人的には。
「うわコイツなんでそんな恐ろしい考え方するかな。犯人怖っ」て思えなくなるじゃない。

そのまま「相棒4」も見た。
ショッピングモールで食中毒事件のようなものが発生した。
同じものを食べた人のうち一部にしか症状が出ない等、毒物の経路が不明。
でもちゃんと判明しました(当たり前)。
エレベーター内の押しボタンに毒物が塗られていたから。
だから、連れのうち(ボタンを押した)片方のみに症状が発生したりしていた。
なるほど!
確かに2人連れだとボタンを押すのは片方だよな!
これなら「その後の行動は同じでも片方しか症状が出ない」になるな!
と思って感心したんだけど、
「そこに気づく過程」にちょっと難アリだと思った。
というか、どう気付いたのか教えてくれなかった。
発端は、「もうちょっと12時に近ければ大惨事になってたかも」
というサブキャラのセリフの後「ハッ!入店時間!?」という流れで、
入店時刻を調べ始めた。
その後、何か分かった風のカットになって、「答え」の開示。
入店時間からどういう流れで気付いたのかをちゃんと描いて欲しかったなぁ。
例えば、
被害者リストを見て「連れのうち片方のみ症状が出ているケースが多い」
 →片方だけが行う事とは何だ?
とかさ。
つか調べてた入店時間とどう絡めたのよ?

「相棒」というシリーズがあるのは知ってた。
この水谷豊だっけ?ていう人が主演なのも知ってた。
でもほぼ見た事無かった。
で今回劇場版を3つ連続で見た時に思ったんだけど、タイトルにおける「相棒」の意味って何?
確かに主演の水谷さんはもう一人(相棒と仮称)とツーマンセルで動くことが多めではあるけど、
まずこの相棒が毎回変わるのが謎。
更に、この相棒が「そんなに活躍してる気がしない」。
相棒感があんまりない。
「相棒がいることを主軸にした物語」って感じがしない(例えばピンチを助け合うとか)。
そもそも相棒っていう単語が指すのって「自分の相手」のことでしょう?
主演はどう考えても水谷さんだから、「相棒」という単語も水谷さんを中心として考えるのが自然。
てことは「相棒」が指す対象って「水谷さんの相棒」になるのではないか。
つまりそれは、前述の通り「毎回変わる相手役」になる。
うーん、よくわからん。
変なシリーズ名。

ホームズはかなりの頻度でワトソンと行動を共にしていたと思う。
ツーマンセルだ。
「相棒」と同じだ。
でもアレのタイトルを「相棒」としたら違和感があるだろうし、
「ホームズ」という作品を知っている人に「ホームズのタイトルを相棒にした」時、
そのタイトルから何を想像するか、っつったらきっと「ワトソン」て言うと思う。
(2割くらいはアイリーンとかモリアーティとか言うかも)
・・・ダメかなこの例?w

ウチの課長は今年度昇進して「次長兼A課長」になった。
元A課長だったのが昇進して次長になったんだが、
空席になったA課の課長を任せられる人材が居ないため、A課長も兼任するハメになった模様。
これは単純に「かわいそうに」と思う。
次長の立ち位置だが、A課長/B課長の上らしい。
その点を部長が課員に説明するにあたり、
「***さんには今後A課とB課を見てもらいます」と言う。
コレ。
役職が変わった時よくこの「見る」という表現で説明されるんだけど、
この「見る」という表現がどうにも釈然としない。
単刀直入に言うと、
「アンタに何ができるの?w」ていう。
バリバリ実務しているベテラン社員がいたとして、
その人が「A課とB課を見てもらいます」になった場合、
ああ、きっと両方の課の面倒を見てくれるんだろうな、って思う。
だが、今回のケースは課長、つまり管理職。
実務なんかしてない。
A課の課長だった頃もA課の実務なんかしていない。
そんな人が次長になって「これかはB課も見ます」て言われても、
いや何すんのさ?wていう。
実務はしないにしても、「見ます」の結果、B課が助かるのなら全く問題ない。
でも別に何も変わらんよね?
「これからは次長が我々の仕事を見てくれる!」てB課が喜ぶ姿が全く想像できん。
というわけで、「見ます」という表現は一体何なんだろうと常々思っている。

それはさておき、
「次長」ってなんか響きカッコ悪くない?
課長は課のトップっていう感じでそれなりのカッコよさ。
主任はなんかプロっぽい感じでそれなりのカッコよさ。
対して「次長」。
何なの、「次」て。
いやたぶん調べればなんか意味があるとは思うんだけど、
パッと見「つぎ」「次点」「二の次」に見えるものがカッコイイわけがない。
ウチの会社にはいないけど「係長」もなんかカッコ悪い気がする。
おそらくこれのカッコ悪さは、
小学校にあった「**係」の長みたいに見えるところではないか。
「生き物係を総べる係長」的な。
まぁいずれも語感の話です。

 

April/04/2021/Sunday
Amazonプライムで「劇場版 相棒」を見てた。
警察幹部が10人くらいで会議してるところに拳銃持った犯人が飛び込み、
その場にいたトップである警視総監を「撃つぞ!」て脅してた。
これ見てふと思ったんだけど、
警察トップってのは人質としての価値はどうなんだろうか。
高いのか?
もしかして低いんじゃないか?
例えば大人が10人いてそのうちの1人が警官である時、
「この警官を撃つぞ!撃たれたくなければ要求を飲め!」よりも、
「この一般人を撃つぞ!撃たれたくなければ要求を飲め!」の方がフツーだよね。
それは、警察が「守る側の人間」だから。
で、警視総監てのは「守る側」の人間の親玉。
体を張って一般人を守る組織のトップ。
トップってのは「一番に自分を犠牲にする人」なんじゃね?
 警視総監がやられたらこの国は終わる!
 俺ら下っ端警察官が警視総監の盾にならねば!
…なんて風潮無いよね?
警視総監は偉いけど、それは命の価値の話ではないのだから。

水泳の池江選手が何かの大会で優勝しオリンピック選手に内定したそうだ。
「勝てるまでもっと時間がかかるかと思っていた」と感極まって号泣する池江選手。
そんなの見せられてから4/1の俺の日記読むと、俺がめっちゃゲスい感じに見えてくるなw

 

April/03/2021/Saturday
稀に見る馬鹿馬鹿しい作業発生。

2年目の若手より「他部署のA氏(♀ 50代)に電話口で威圧された」と相談を受けた。
正直言って、A氏の行動については驚かなかった。
A氏は昔から非常に問題児で、社内外問わず(「他社からも」って異常でしょ)評判が悪い。
俺も散々嫌な思いをしているし、もうイイ歳なので割りきって、
その部署に電話する必要がある時は、
「A氏が出るかもしれないから、課長代わりに電話してください」て言ってるくらい。
そんな女なので、あくまでも内容については「ああまたか」という印象。
ただ、2年目の若手に対しても同じ態度かよお前!?という点で驚いたし、放置できないと思った。
そんなゴミのせいで若者がうつ病とか辞めるとかになったらたまらん。

というわけで、
即俺から課長に顛末を報告。
課長も即動いてくれ、A氏の上司と相談し、対策を練ってもらった。
言うまでもなく対策とは「A氏の上司からA氏に注意してもらう」ではない。
そんなのはもう何度もやっており、効果が無いことはわかっている。
俺らも最早A氏自身が(上からの注意ごときで)変わるなどとは思っていない。
逆恨みされるのがオチだと思うので、
課長に対策を練ってもらうよう依頼した際は「むしろ注意してくれるな」と伝えた。

その日のうちに課長陣より方針が提示された。
 「その課やその周辺に用事がある際は、特定の内線番号に電話する」
この女、
自分の席にいることが多いのか、その課やその周辺に電話をかけると高確率で電話口に出る。
オメーに電話してんじゃねーんだよ。
(おとなしく取り次いでくれればいいんだが、そうじゃないから問題になっている)
なので、
「この女から遠い席かつ、その周辺には高確率で他の社員がいる電話」に対し内線することで、
他の社員に取継ぎを依頼することになった。
A氏の上司には、
 「こちらにかけていただければ誠実に対応させていただきます」
て言われたらしいw
上司も苦慮していることが伝わってくる。
課長よりその方針を提示された俺は、課内の若手3人を集めてその情報を周知させた。
若手にはとても感謝されました。

しかしつくづく馬鹿馬鹿しい。
何故一人の問題社員、しかもいい歳こいた社員のために、
若手を含む多くの社員が不快な思いをし、無駄な行動をさせられなければならないのか。
何故120%原因である本人は放置で周囲が回避策を取らなければならないのか。
…という点には憤りを覚えるが、
今回の作業は非常に重要なことだったと思う。
特に、俺とてもいい仕事をしたと思う!
実質俺は課長に「すぐに何とかしてくれ」と言っただけで、
実際に動いてくれたのはウチの課長とA課の課長ではあるが、
コレ俺が放置しなかったのが重要でしょ!
たぶん他の社員に言おうものなら、
「うーん、あの人昔からそういう人なんだよ気にすんなw」
くらいのリアクションしか出なかったんじゃないかと思う。
また、若手も自分の中で貯め込まずよくぞ相談してくれた。
(そしてその若手に相談されるレベルの信頼度を得ていた俺グッジョブ!!)

あ、しまった。
ウチの課の若手3人に伝えたけど、隣の課の若手3人に伝えるのを忘れた。
そのうちの1人は今年入社の1年生だからまだ電話の受けごたえの練習もしてないはずだから、
今言うべきかという問題はあるけど、
近いうちに言わないと。
この女が「そういうヤツだ」ってのは自分の経験上重々承知していたんだけど、
「あの女はそういうヤツだ(から気をつけろ)」という情報を後輩に伝えたことは一度も無かった。
誰にでも同じ嫌な態度を取るかどうかわからないし、
若手に先入観を与えて実質その女の悪評を広めるような行為はどうかと思っていたから。
だが、もうそんなこと言ってる場合じゃない。
俺が守りたいのは若手であってその女の評判じゃないのだから。

 

April/02/2021/Friday
朝NHKで「窃盗症」という病気について取り扱ってた。
居間で朝の準備とかしている間、何かの症状ぽい「せっとう症」という単語だけ耳に入り、
どういう漢字なのかと思ったらまんま「窃盗症」。
万引をやめられない症状らしい。
万引で7回逮捕されたという女性の例をメインにした特集だった。
色々思うところがあった。

まず、
窃盗症という「病気である」ことに気づくことが大切、
とその単語をこの女性に教えた弁護士が言ってた。
病気であるとわかれば、治療行為を行うことができるから、と。
なるほど、よくわかる。
ただ個人的には、「それを認識するのは自分だけに留める」ことが必須、だと思った。
本人が「病気だから仕方ないんですぅー」なんてスタンスを持つのは論外だが、
何より、とても周囲に理解される症状ではないと思う。
ていうか、理解する必要は無いと思う。
理解って、
「この人はそういう病気なんだ。仕方ないんだ」て思うことでしょう?
または窃盗した人に「この人は病気かもしれない。仕方無いのかもしれない」て思うことでしょう?
いる?その考え。
 「家族が強盗に殺されました。
  あの強盗は人を殺しちゃう病気だったのかもしれない。仕方無いのかもしれない」
いらんでしょ。
しかし「病気なので治療方法がある」のは本人にとって僥倖なのはわかる。
つまりこの病気の存在は「本人だけが認識していればいいこと」だと思った。

紹介されていた治療方法も興味深い。
過去の自分の逮捕履歴を毎日読むんだって。
要するに辛い思い出を反芻して二度とそうならないようにする、ってことかしら。
効果はありそうだが、治療っていうのかコレw
その履歴の中には、当時親身になってくれた家族とかの記述もあるようで、
そういう感謝にあたる要素も含めて、
「もう二度とそんなことにならないようにする」を目指している模様。

特集の内容で1個だけ引っ掛かった。
俺がこの特集を見ていた5分程度の間にこの「7回逮捕された女性」の、
 ・辛かった当時の記憶
 ・周囲を何度も裏切った申し訳無さ
 ・財布には金が入っているのにやってしまう
といった様々な発言を聞いた。
結論から言うと、
「万引した店側への申し訳無さ」と取れるものは1つも無かったように思う、
という点が引っ掛かった。

俺が見ていなかった時間もあるからそれだけで判断はできないんだけど、
もしかしてこの人、その点はあまり重要視していない、ということは無いだろうか。
例えば、7回目の万引は380円分だったらしい。
つまり金額が安い。
逮捕後、380円は返済しただろうし、当然謝罪もしただろうと思う。
で、「それで終わった」と思っていたりはしないだろうか。
あえて嫌な言い方すると「もう謝ったし」「ちゃんと払ったし」っていう。
謝るのも払うのも当然だけど、
相手に「万引き犯を捕まえる。通報する」という多大なるストレスを与えた事実は消えない。
ソレ認識しているんだろうか。
認識していたら「周囲を裏切った申し訳無さ」の前に、
「店側への申し訳無さ」が出てくるような気がするんだけど、
と思いました。
まぁ、
この女性の発言は「インタビュアーに聞かれたこと」に対して答えているわけだし、
そもそも俺が見ていなかった時間があるので、
そちらでは店側への申し訳無さが語られていたのだと、
そう思いたい。

 

April/01/2021/Thursday
悪意は無いんだけど、朝テレビで見た新社会人について思ったこと。

4/1なので朝、新社会人へのインタビューなんてのをやってた。
その中の一人が「自分の仕事に責任を持ってやり遂げる」とか抱負を述べてた。
若い。
なんという若者感、というかもう幼いレベルだと思った。
中学生っぽい。
つまり「それは当たり前です」と言いたい。
例えば「仕事中寝ないようにします」を抱負として挙げたみたいな感じ。
いやいやそれ前提だから当たり前だから、っていう。
ただ、前述の通り、「子供」から1歩成長したような子が言いそうなセリフなので、
総じた感想が、「若いなぁ」という。
この手の「前提」の話をすると必ず出ちゃうのが、
「っつっても、その前提ができない社会人たくさんいるから」ていう。
それを考えると、
「自分の仕事に責任を持つ」が立派な志にも見えてくるから、
なんか何も言えなくなってしまう。

朝NHKで水泳の池江氏のインタビューがあった。
白血病から復帰後半年で、何かしらの大会で優勝し結果を残している模様。
立派です。
白血病との闘病もよく知らんけどきっと大変だと思うし、
復帰後ブランクもあるだろうに、今では結果まで残しているようで。
のほほんと生きてる俺なんかよりずっと大変な思いをしてるんだろう。
が。
その後インタビューで「ここまで来るのは本当に大変だったんですよ」とか言ってた。
うん、
前述の通り俺も「大変」だったとは思うんだけどさ、
それ、自分から言うヤツ?
聞いた時「コイツ鼻にかけててウゼェな」と思ったわけじゃない。
でも「それ自分からは言わないような・・・?」という違和感はちょっと感じました。