日記
だいあり〜

-

ゲームの日記へ

ケータイカメラ写真館

9月/長月

September//2020/day

 

September//2020/day

 

September//2020/day

 

September/04/2020/Friday
「車の中で6歳と3歳の娘が熱中症で死亡」
ていう記事を読んだ。
母親(たぶん)曰く、
エンジン(エアコン)かけたままのつもりが、戻ってきたらエンジン切れてた、
らしい。
痛ましい。
亡くなられたお子さんもそうだが、この母親の今後の人生はどうなるんだろう。
「自分が娘二人を死なせた」という想いにさいなまれながら生きて行くことになるのか。
 ・子を残して暫く車を離れる理由があったのか。
 ・エンジンは子供が誤って落としたのか。
 ・車の故障系ではないのか。
とか、そこらへんはわからんけど、
どんな理由があったとしても、この母親へのダメージ(後悔)は相当なもんだろう。
とりあえず「パチンコしてた」的な情報は書かれていなかった。
パチンコだったとしてもそうじゃなかったとしても、
少なくとも「死なせる気はなかった」のは間違いない。
なのに結果死なせてしまったのだからきっと物凄い自責の念に襲われるんだろうし、
周囲からもそういう目でみられることだろう。
特に近しいわけではない人は遠巻きに噂でもしていればいいだろうけど、
肉親とか近しい人は、どう声をかけたらいいのか悩みそう。

と、
ここまで考えたところで、
「自業自得」という単語を思いついた。
アレ、今回のケースだともしかして「自業自得」って使わなくね?
 「まきびし並べといたら自分で踏んでしまった。超痛い。」「自業自得だろw」
てのはあると思うが、
 「私のミスで子を熱中症で死なせてしまいました。死ぬほど辛い。」「自業自得だろ」
て言えるか?
言えなくね?
何故か?
「私が辛いのは私のせいである」という場合に使える言葉だと思っていたけど、
その辛さが尋常じゃないレベルの場合は使えないということだろうか。
使えないというよりは、
そんな単語は気が引けてとても言えないというだけで、
使い方は正しい(使う場面として正しい)のだろうか。
否、気が引けて使えない時点でやはり使い方が違うのだろうか。
よくわからん。

 

September/03/2020/Thursday
あるシステムの検査が始まった。
このシステムを主任が触るのはほぼ初めて。
で、今「正常に動かない」という状況。
それは「設定ファイルの正しい内容がわからないから」。

経験上「ここの設定を変更すればいいのではないか」という想像は可能。
あくまでも想像。
だからまずそれを試してみるのはいいと思う。
しかしそれでも正常に動作しないことがわかった。
その後、主任は「じゃあどこの設定だろう・・・」て更に探してた。
何してんだろ。
わかんねーモン考えたってわかんねーだろうよ。
わかる人、つまりプログラマに聞きゃーいーじゃねーかよ。
プログラマがいないなら、
「以前正常動作した案件」があるんだから、当時の設定ファイルを持ってくればいいじゃん?
どこを変えれば動くのか、今どの設定が違うから動かないのか、
とかそんなん今考えることじゃなくね?
勿論考えた方が・知っていた方がいいことではあるけど、
それは「正常に動作してから」でいいだろ。
答えを知ってる人がいる・答えが書いてある場所があるのに、
それを求めずに「うーん」てうなってる姿が謎すぎる。
若手に指示する時のセオリーである「まずは自分で考えてみて」とは別次元の話しだろコレ?

寝る若手はこのシステムの一角を担っている。
でも今日休み。
休みなのは仕方がないので、
今日の作業で困らないよう、彼が把握している情報は昨日のうちに聞き取って置いた。
という情報を主任から聞いたけど、
めっちゃ愚痴っぽい。
彼が主任からの信頼を完璧に失っていることがわかる。
そりゃアイツ始終寝てるんだから当たり前といえば当たり前なんだが。

有償サポートからの日本語回答が急にカタコトになった!
 「修正パッケージは未来の二週間にリリースされるつもりです」
ですって。
本件に回答をくれていた人の名前は最初から変わっておらず、名前は明らかに中国人なんだが、
今までの回答にこんな変な日本語は無かったんだけど。
中の人が変わったんだろうか。
日本語がへたくそなことを指摘しているようで気が引けるけど、
 「二週間後にリリース予定」ていう意味でいいんだよね?
 「9月の2週目」を指してたりはしないよね?(そっちの方が早いから望ましいんだが)
ていう内容を再度質問してみたところ2週間後であることがわかったが、
その答えもやっぱりカタコトだった。
絶対中の人変わってる!

 

September/02/2020/Wednesday
なんか疲労感ぽいのがある。
ゴロゴロしまくった4連休明けで、体が慣れてないんだろう。
夏の終わり頃の疲労感は「夏バテ」という単語で片付けたくなるけど、
よく考えたら夏バテの意味がわからん。
何にバテてることを言うのか?
暑さに?
だとすると、常に空調のきいた家の中にいたから暑さにはバテてない気がする。
夏に?
「夏にバテる」って何だ。
思い浮かぶのは「思いっきり遊んでつかれた」系。
これも該当する気がしない。

「デスウィッシュ」というブルース・ウィリスの映画見た。
まぁ無難な作りだった。
面白い!わけじゃないけど、普通にハッピーエンドな感じでイイ。
序盤でブルース扮する男性が、別の男性に絡まれてた。
「お、おいおい、ブルースウィリスだぞ、ダイハードとか経験してる男だぞやめとけw」
て思ったw
レビューによると昔の映画のリメイクらしいけど、
(これもレビュー情報だが)オリジナルよりストーリーがイイ。
 ▼リメイク
 妻子が強盗に襲われ妻死亡、娘負傷。
 主人公は医者だが自らの手で復讐を遂げる。
 ▼オリジナル
 妻子が強盗に襲われ妻死亡。娘負傷。
 娘退院後に再度強盗に襲われ死亡。
 主人公は自らの手で復讐しようとするが本懐を遂げられず。
オリジナル、救いが無くない?

 

September/01/2020/Tuesday
     俺「製品Aの資料を探しているんだが見つからない」
  主任「そうなんだよw 以前必要になった時もえらい苦労したぞw」
と、
主任が「以前苦労したこと」を嬉々として語る。
苦労したことはわかったよ。
で、当時苦労した結果手に入れた資料は、今どこにあるの?
  主任「(製品Aの初出荷物件)か、そこに無ければ(その次の出荷物件)を参照せよ」
「過去出荷した実例」を確認しろってことらしい。
ソレ、アンタが当時苦労して誰かから得た情報そのままだよな?
「そこに無ければ」って何だよ、結局曖昧なままか。
つまり「製品Aとしての標準となる資料」としてのまとめは、結局行ってないんだよな?

確かにそもそも資料が無いのは主任のせいではないんだろう。
開発者が「標準製品として資料を整備し、引き継ぐ」という過程を行っていないせいだろう。
(当時の上司がそれを指示していないせいかもしれない)
そのせいで主任が以前苦労したのはわかった。
でもさ、
苦労したなら次回、または次の世代が苦労しなくていいようにするのが、普通なんじゃね?
「次回はここを見ればわかる」ようにするのがさ。
何でそれを怠っていて状況が変わっていないのに、
「当時苦労したぞw」って楽しそうに話せるのかなこの人。
アンタの代で発覚した問題を、アンタの怠慢で次の世代に引き継いでることを恥じなよ。